お問い合わせ

スカイスナッグ・ブログ

AcquiaにDKIMを設定するには?

October 11, 2023  |  < 1 min read
アクワイア

DomainKeys Identified Mail (DKIM)は、電子メールのなりすましを検知するために設計された電子メール認証システムである。DKIM は、組織がメッセージの送信に責任を持つことを可能にすると同時に、メッ セージが送信中に改ざんされていないことを検証する仕組みを提供する。 DKIMは、暗号署名と公開鍵インフラストラクチャを使用して、電子メール・メッ セージが転送中に改ざんされていないこと、およびそれが本当に主張された送信者から のものであることを検証する。電子メールの送信者は、メッセージにDKIM-Signatureヘッダーフィールドを追加することにより、メッセージに署名するためにDKIMを使用することができます。電子メールの受信者は、DNSで公開された公開鍵を使用して署名を検証し、メッセージが改ざんされていないことを確認することができます。 

AcquiaのDKIMを設定する手順

  • Acquia アカウントにサインインします。
  • メニューペインでEメールを選択します。
  • そうすることで、Domain VerificationタブのPlatform Emailページが表示されます。
  • 次に、ADD DOMAINを選択します。
  • Add Domainダイアログボックスにドメイン名を入力し、ADD DOMAINボタンを選択します。
  • ドメイン登録後、検証ステータスは保留状態のままとなります。
  • DNSレコードを表示するには、登録ドメインの横にある展開矢印を選択します。

TXT、SPF、DKIM用の3つのCNAMEレコードも含まれています。これらのレコードは、DNSにコピー&ペーストしてください。この時点で検証ステータスが「OK」と表示されるまで待ちます。DNSレコードの検証は最大72時間必要な場合があります。

無料のDKIMレコード検索ツールを使用して、公開されているDKIMレコードを検証してください。

Skysnagの無料DKIMチェッカーを使ってDKIMレコードの健全性をチェックすることができます。

DMARCを有効にしてなりすましを防止しましょう。今すぐ無料トライアルにお申し込みください!

ドメインのDMARCセキュリティコンプライアンスを確認する

DMARC、SPF、DKIMを数カ月ではなく数日で施行する

Skysnagは、多忙なエンジニアがDMARCを実施し、SPFやDKIMの設定ミスに対応することで、メールの配信性を向上させ、なりすましやID偽装を排除します。