お問い合わせ

スカイスナッグ・ブログ

DMARCレコードの作成方法

2023年10月12日 2 min read

DMARCレコードは電子メールのなりすましから保護するために使用されます。これは、ドメインのDNSレコードに含まれるTXTレコードです。DMARC認証に不合格または合格したメッセージをどうするかは、受信メールサーバーのDMARCレコードで指定します。この記事では、DMARCレコードを作成する手順について説明します。

DMARCレコードの作成手順

ステップ1:ビジネスメールのドメインを特定する

商用メールを送信するメールアドレスを決定します。ドメインは マイカンパニードットコム例えば、見込み客に営業メールを送る場合、次のようになります。 sales@mycompany.com。

ステップ2:DMARCレコードの生成

DMARCレコードを作成するために、Skysnagアカウントを作成してください。

ステップ3:DMARCレコードをDNSに追加する

スカイスナッグのダッシュボードからDMARCレコードをコピーし、DNSレコードに追加します。

ステップ4 DMARCレコードの検証

DNSにDMARCレコードを追加した後、Skysnagダッシュボードを使用して確認してください。

DMARCレコードは、以下の形式でDNSゾーンファイルに追加されます:

_dmarc.example.com IN TXT "v=DMARC1; p=reject; rua=mailto:skysnag@example.com"

DMARCレコードには以下のパラメータが含まれる:

v=DMARC1 - DMARCのバージョン。

p=拒否 - DMARC認証に失敗したメッセージのポリシー。

rua=mailto:skysnag@example.com - 集計レポートの送信先メールアドレス。

DMARCレコードには、以下のパラメータを含めることもできる:

タグ説明
パーセントDMARCポリシーが適用されたメッセージの割合。
spSPF認証を通過したメッセージに対するポリシー。
フォSPF認証に失敗したメッセージに対するポリシー。
ルフ障害報告の送信先メールアドレス。
rf故障報告のフォーマット。
集計レポートの送信間隔。
アドキムDKIMのアライメントモード。
サブドメインサブドメインのポリシー。
アスプ SPFのアライメントモード。

最終的な感想

Skysnagはなりすましメール攻撃からお客様を守ります。弊社の自動DMARCソリューションは、フィッシング、ランサムウェア、マルウェア攻撃の影響を軽減し、ビジネスメールの漏洩を防ぎます。このリンクからサインアップして、お客様のEメールを完全に保護し、組織のDMARCレコードが正しく設定されていることを確認してください。

ドメインのDMARCセキュリティコンプライアンスを確認する

DMARC、SPF、DKIMを数カ月ではなく数日で施行する

Skysnagは、多忙なエンジニアがDMARCを実施し、SPFやDKIMの設定ミスに対応することで、メールの配信性を向上させ、なりすましやID偽装を排除します。