お問い合わせ

スカイスナッグ・ブログ

DMARCレポートについて知っておくべきすべて

2023年10月11日 2 min read

DMARCレポートにより、Eメールチャネルにアクセスできるため、バックグラウンドで何が起こっているかを監視することができます。Skysnagの自動DMARCレポートにより、BEC、ドメインなりすまし、メール詐欺などの攻撃からお客様のドメインを守ることができます。Skysnagは、認証結果の表示、並べ替え、フィルタリングのためのユーザーフレンドリーで実用的なインターフェイスを提供するだけでなく、XMLファイルの解析と読み込みをサポートします。DMARCレポートの詳細と、それがお客様のビジネスにどのようなメリットをもたらすかについてご説明します。

なぜDMARCレポートが組織に必要なのか?

SPFまたはDKIMの信頼性はDMARCによって保証されます。Skysnagの自動DMARCソリューションは、受信者がメールを開封する前に有効なヘッダーをチェックすることで、メールの信頼性を高め、なりすましの危険性を低減します。

メール認証を処理するには、DNSにDMARCエントリを追加します。

送信、受信、認証に失敗したメールはすべてDMARCにリストアップされる。DMARC導入の監視は、SkysnagのDMARCレポートによって容易になります。DMARCルールの有効性を監視し、必要な調整を行うために使用できます。

自動DMARCレポートを使用して、Eメール認証の問題を調査することができます。DMARCレポートは、Eメール認証に問題がある場合に、問題を特定し、解決策を見つけるのに役立ちます。

ドメインのDMARC REPORTINGを機能させる方法

ドメインのDMARCレポートを有効にするには、まずその名前のDNS TXTレコードを作成する必要があります。以下の情報をTXTレコードに記述する必要があります:

v=DMARC1; p=none; rua=mailto:dmarc_rua@example.com; ruf=mailto:dmarc_ruf@example.com;

DMARCレポートを有効にしたいドメインは、DNS MXレコードを作成する必要があります。MXレコードは、DMARCレポートを受信したいドメインのメールサーバーを特定する必要があります。

DMARCレポートを有効にしたいドメインは、DNS SPFレコードを作成する必要があります。SPFレコードには以下の情報が含まれる:

v=spf1 include:_spf.example.com ~すべて

これらのDNSレコードを作成すると、ドメインのDMARCレポートが有効になります。

DMARCレポートを理解する

DMARCレポートは、DMARCが有効なドメインから送信されたメールの詳細を含むXMLファイルです。レポートは以下の詳細を提供します。

  • ドメインから送信された電子メールと、それを受信したメールサーバーがその電子メールをどのように処理したかについての情報。
  • 送信者、受信者、送信日時、送信者のIPアドレスなど、メッセージに関する情報。
  • メッセージが配信された各メールサーバ。
  • メッセージが配信されたかどうか、また配信された場合は、メールサーバーがそのメッセージをどのように処理したか(スパムフォルダーなど)に応じて、どのように配信されたか。
  • SPFまたはDKIM認証が成功したかどうかなどのメッセージ拒否の理由は、メッセージを拒否した各メールサーバによって提供される。

DMARCレコードを作成するために、Skysnagアカウントを作成してください。

最終的な感想

Skysnagの自動化されたDMARCレポートにより、ビジネスメールのフローと認証結果はよりシンプルになり、お客様のドメインはBEC、ドメインなりすまし、メール詐欺の攻撃から保護されます。長くてわかりにくいレポートを読む手間を省き、Skysnagをご利用ください。今すぐ無料トライアルにご登録ください 

ドメインのDMARCセキュリティコンプライアンスを確認する

DMARC、SPF、DKIMを数カ月ではなく数日で施行する

Skysnagは、多忙なエンジニアがDMARCを実施し、SPFやDKIMの設定ミスに対応することで、メールの配信性を向上させ、なりすましやID偽装を排除します。